2017年09月21日

パッティング・グリーンのストレスと対処

パッティング・グリーンのストレスと対処
たくさんのプレーヤーがグリーンに乗る


本グリーン(実際に当日プレーするグリーンのこと)では、プレーヤー4人のプレー時間のみ(約5分)不連続な踏圧を受けることで済みます。しかしパッティング・グリーン(以降PGという:練習用のグリーン)においては、ほぼ毎日2時間くらい、100人〜200人ものプレーヤーの熱心な練習(踏圧)に耐えなければならないのです。
さてPGの身になってみれば、そのストレスは大変なことでありますし、プレーヤーが歩きまわるだけでも、擦り切れてしまいます。
したがって管理者の頭の中は、このPGをどのように守っていくのか?で「いっぱい」であります。
競技会では、PGと本グリーンの転がりは同じにしてくださいという要望が寄せられるのでありますが、その意見を実現するためにはさまざまな工夫が必要となるのです。
使用頻度の高いPGには、本グリーンより肥料を多く施す、更新作業の回数を増やす、目砂は多く、排水をより良好に、散水をよりまんべんなく、風通しをより良くし、さらに日当たりを良くするなどがあります。
またPGがよく管理されていると、「よくやっているね」と褒められることもあります。
通常はどのゴルフ場であっても、PGは固くしまっており、そのスピードは速いとされていますが、原因は表題の通り多くのプレーヤーの踏圧によるものであります。
話は変わりますが、酪農家にとっては牛の放牧が草地を管理するために欠かせないことであります。もちろんこれが山羊や羊でも事情は同じでありますが、動物によって食べる草丈は変わりますし、その蹄のかかる重さも異なります。
つまり、ゴルフ場の原型は放牧地からきているわけですし、刈込作業や転圧作業や施肥作業すべては動物たちの生活=コース管理の基礎となっているのです。
草原は日の当たる場所にあり、ここで動物たちは食事をして(刈込)次は休憩を取りますが、ここは日陰の涼しい場所、すなわち林の中でとります。
このようにゴルフ場と牧場は同じような環境にありますので、牧場から芝の管理を学ぶことはたくさんあります。
放牧地での牛の歩き方はボス牛に従って一列に移動し、ボス牛が選んだ適当な場所を選択し集団で草食します。そこは擦り切れが多くなり、薄くなってついに禿てしまいます。
そこでまたボス牛は場所を変えます。
さてPGを守るためには、プレーヤーの歩くルートを観察し、芝の擦り切れ具合で歩くルートを変えなければいけないのです。
それが、ローピング(ロープで歩くルートを規制すること)という方法であり、かなり頻繁にローテーションします。
さらに練習用のカップの数も問題です、最近はカップを切らないPGも多くなっていますが、プレーヤーには不評であります。
したがって、練習用のカップ切りは頻繁に変えなければいけないし、変えればまた修復に時間がかかるということになります。
このホールの切り替えと修復作業がグリーンを守る大切な作業となります。
posted by ミナミフジCC at 08:25| コース管理入門編

2017年09月03日

切り株の粉砕

機械が借りられたので、樹木を伐採したあと、数年放置して腐食が始まった切り株をスタンプグラインダーで一気に粉砕しています。

切り株.JPG

切り株2.JPG


posted by ミナミフジCC at 10:45| 抜根など

2017年08月26日

ゴルフ場グリーン管理で難しい夏越し 今年の特徴は長雨と日照時間の少ないこと

ゴルフ場グリーン管理で難しい夏越し
今年の特徴は長雨と日照時間の少ないこと

私が大好きな果物「梨」が今年市場に出回っていませんが、どうなっているのでしょうか。
いつも購入する千葉県の「ナシ園」に問い合わせますと、今年は雨の日が多く、日照時間が少ないため実が大きくならないうえ、完熟していないそうです。
つまり「ナシの実」の大きさと甘さが達成できず収穫が遅れているとのお話をお聞きしました。
また夏野菜も同様に、かなり長雨で出荷が厳しいと聞いています
さてゴルフ場の芝管理においては、どのような影響が出ているのでしょうか。
本音を言わせていただくと、今年はとてもつらい状況にあります。
作物の出来、不出来と日照時間の関係は誰しも理解できることと思われますが、これに長雨が加わることで過湿状態になり、病気に感染しやすくなります。
ところで、今年の夏は7月にスタートしましたが、その時期全国的に空梅雨が続き、乾燥被害を受けてグリーンに使用しているベントグラス(寒地型)は悲鳴を上げました。
したがってグリーン管理の問題点は、朝夕の散水が生命線であり、ほぼ1ケ月この作業に追われました。しかし散水をすると病気になり、しなければ枯死するという綱渡り状態でした。
グリーンは1面単位で状態が異なりますので、散水量はどこも同じというわけではなく、グリーンの顔(乾燥の具合)を見ながら調整することになります。
中には日焼けに苦しむグリーンもあることから、UVカット剤を散布したところもあります。
7月この状態では、例年行ってきた更新作業(排水はよくなるが、乾燥に弱い)をストップすべきかどうかを迷っていました。
しかし、ストップすれば長雨になったら大変ですので、軽い更新作業を施すことにしました。
これがムクタイン6mmというものですが、この決死の判断が功を奏し、現在の8月を生き残っています。

夏の病気と治療

いったん病気にかかってしまうと治療剤を使用することしかできません。この治療剤は金額が高いものですが、さらに結果的に治るかどうかも怪しいものです。
したがって、管理者ができることはあくまで予防であり、日ごろから芝の健康管理を行うことが重要です。
ゴルフ場は芝生をはがして、地盤を「耕うん」するのが農業的にはよいことでありますが、これができないため、らしきものをすることになります。
らしきもので昔はホーキングという作業がありましたが、農場で使うフォーク(牧草を扱う道具)を芝草に突き立て、穴らしきものをあけるというものです。
その後は、スライシング、バーチカル、コアリング、スパイキングと様々な技術が開発されました。
私の友人には、ミミズを飼いならしてこれをコースに放ち、コース中穴だらけにするという勇猛果敢な管理者もいましたが・・・。
いずれにせよ、こんないい状態のグリーンに何故穴をあけるのか、なぜ状態がいい時に砂を撒いているのか、という苦情を聞きます。
ごもっともなご意見ですが、この状態をキープするには必須作業なのでご理解いただきたいと申し上げるしかありません。
さて、先ほどのムクタイン6mmというのは、直径6mmの穴をあけるという意味ですが、この作業によって長雨時の排水は確保され、病気予防できたということになります。
芝管理は、大体地表から10〜30mmですべてのことが起きているといわれています。
ここに微生物がたくさん生存し、常に有機物を分解して植物に食べモノを供給していますし、病害虫も同居しています。
そして、水分も維持されますし、好気性の菌は適度の空気が必要になっています。
これらの、環境を良好に保つのが病気にかからないことにつながります。

夏を乗り越えたなら

湿度70%以上で気温30℃は寒地型芝草の生育限界値となっていますので、これを超える気候が続くようであれば、グリーンの品種選択を変えなければなりません。
日本の気候環境は熱帯化傾向にあり、最近の気候は予想を超える変動をたどっています。
そもそも梅雨前線の位置がひと昔前に教科書で学んだ位置と異なってきましたし、夏の気圧配置とか冬の気圧配置もずれてきました・・と天気予報士が言い出しました。
秋は本当に秋空を見ることができるのか(秋雨前線が続くことはないか)を疑う声も聞こえますが、太陽を浴びることは大切です。
表題となったグリーン管理で難しい夏越しが終わったならば、いよいよメンテナンスは最高潮に達します。
最高のコンディションを期待される競技が目白押しの季節に入ります。
早く滑らかな転がり、葉が立った状態で密度のあるグリーンを求められます。
この状態を作り上げるために、毎年苦労しているわけですが、今年も何とか皆様に納得いただけます状態になれば幸いです。
posted by ミナミフジCC at 09:23| コース管理入門編

2017年07月10日

カバープランツ

カバープランツとは?
地面を覆うように広がる丈の低い植物、地被(ちひ)植物ともよばれます。地面を覆い隠すだけでなく位土壌の乾燥や山の流出、雑草を防ぐ役割もあります。つる性やほふく性の宿根草や低木で成長が早く手入れの要らないものがカバープランツとして向いています。

41755f0591af98e3221a1b47dff5792c.jpg


カバープランツの種類
最近のゴルフコースでは様々なカバープランツが植えられ、プレーヤーの目を和ませてくれるようになっています。
例えば法面は刈込みが大変ですし、ロックガーデンは花を植えた後の雑草取りが大変です。カバープランツならば管理しやすく、花もきれいですし密植して綺麗な面を作ります。
カバープランツの魅力は、四季おりおりの花が咲き、香りが漂い、見た目美しいという事ですが、以下に私が植えた中で印象的な品種をピックアップしてみました。
@シバザクラ
Aアジュカ
Bマツバギク
Cバーベナ
Dローマンカモミール
Eツルマンネングサ
一年草の花は綺麗ですが、名前の通り毎年枯れてしまいますので多くの面積を管理する場合は手間暇がかかります。
そこで雑草に負けない多年草(宿根草)を植えたいものです。
  この意味でハーブ類は繁殖力が豊富であり、その香りを楽しむことができるため、ゴルフコースでも好んで植えられています。
  ハーブの代表格であるローマンカモミールは極上の香りがしますので、是非家庭でお試しください。

ゴルフ場とカバープランツ
ゴルフ場に裸地があっては興ざめします、ゴルフプレーヤーはどこまでもきれいな芝地が続いて欲しいと願っています。
さてゴルフの起源は諸説あって紀元前まで遡るようですが、定説は12世紀にセントアンドリュース・オールドコースのあった場所(スコットランド)で、石を野兎の巣穴に入れて遊んでいたとあります。
その牧場は現代ゴルフ場と入れ替えられ、羊たちが草を摂食した行為は刈込機械(モア)に、さらに硬い蹄で踏みつけた行為が転圧ローラーに代わったものであります。
芝草の生長点は地際にあり、匍匐茎(ほふくけい)を出して横に広がり、葉やその他の部分の表面にガラス質の珪酸(けいさん)を蓄積して鎧を着けているように体を保護しています。
なお芝草は進化したイネ科の植物で、草食動物たちとの闘いの歴史があって、現在に至ったと言えます。
表題のカバープランツの代表は芝生そのものであり、省管理型の植物として生き残っているのも頷けます。表面が土ならば、雨が降ると流れやすく崩れやすいのですが、カバープランツに覆われた土地はそのような事が起きにくく、手間暇かけず綺麗に維持できるわけです。

花畑はワンペナ?
花畑がOB杭の内側にあればセーフなので、無罰で打つことが可能です。
通常の心の持ち主ならば、アンプレヤブル宣言をしてワンペナを覚悟するであろうと思われます。
なぜなら花畑をなぎ倒すなどはできないという気持ちが起きます。
私の関係したゴルフ場に「エデンの園」というホール名がありますが、このホールはラフにリンゴの木が植えられ、フェアウェイの真ん中は花畑であります。
当然ですが、リンゴは毎年実り花が年中咲き乱れる・・のが名前の由来なので、コース管理はかなり苦労しています。
ここまで凝ると、カバープランツと真逆の発想になってしまいますので管理は遠慮させていただきます。
何の因果なのか、その花畑の管理を楽にするのがやはりカバープランツという事になりそうです。
昔、私が管理する畑の周囲にハーブを植え一息ついていましたら、いつの間にかハーブが畑を駆逐して、ハーブ畑となった苦い経験があります。
ハーブは独特の香りがあり、ペパーミントやレモンバームやアップルミントなどすぐに香りで見分けがつきます。
セージはソーセージにしみこませるハーブですが、名前の由来のように食品には欠かせない香りです。
さて花畑の話に戻りますと、多くのゴルフ場が花の苗を植えて夏期間コース内を花いっぱいにしています。
良く見かけるのがマリーゴールド、サルビア、インパチェンスの3種ですが、これらは概ね黄色、赤、青の信号機のようにしっかり主張しています。
posted by ミナミフジCC at 11:25| コース管理入門編

2017年07月09日

芝草の病気

ラージパッチ
最近は地球の温暖化に伴い、様々な気候変動が言われておりますが、特に年間を通じて日照量が不足し且つ雨量が多いため、このラージパッチが多く発生するようになりました。ラージパッチとはコウライシバやノシバに発生しやすい感染病で、通常のパッチは直径数センチの赤褐色の病斑でありますが、ラージパッチは直径数十センチから数メートルの大きさになり、根まで感染して簡単に引き抜けることができるような病気であります。
ラージパッチは、サッチ(芝の葉や茎や根が枯死し堆積したもの)が蓄積し病巣となり、湿度の高い環境で罹患する病気で、春や秋に雨が多い年に発生率が高まると言われています。
また土壌がアルカリ性であれば発症率が高く、窒素肥料の過多でも起きるとも言われています。
人間は、栄養が過多で太り過ぎ、運動不足になると糖尿病とか痛風などを発症しやすくなりますが、植物も同じような病気にかかるという事になりますか。

d6b731f4751dac4e1ee8da2c3d7af3c9.jpg


発生時期
一般的には、平均気温が10℃〜20℃で多発しますが、その時期は春の3月中旬〜5月下旬、または秋の10月中旬〜11月末と言われています。しかし昨今の気候は暖冬となっており、12月上旬でも発生するようになりました。
春は、15℃を超すあたり予防散布をしなければならないのですが、このタイミングを逃すと予防できません。(この時期は温度計を見ながらの作業となります)
また秋口は、今まで10月上旬を目途に予防散布をしますが、近年は秋霖期(8月下旬から9月中旬)の長雨の1ヵ月間(すすき梅雨)が問題となっています。
この時期は秋雨前線の停滞とか台風が多発し、降雨量が増加し、排水が悪い個所を中心に10月早々ラージパッチが発生します。
つまり、天候の変動は発生時期を長期化させ、過去のデータは役に立たないという結果に陥ります。
このラージパッチ被害は、ゴルフ場の経営に大きな影響を及ぼします。すなわちプレーヤーは芝の状態が悪いと認識し、プレーに支障が出るハゲが気になります。
そのうち芝が無い雑草だらけになったぞ!という噂が漂う事になります。
このような病気がひとたび出てしまうと、管理は何をやっているのか!と言われてしまいがちですが、その原因は毎年の更新作業がストップしているとか、排水工事を行っていないとか、樹木が大きくなって日影が増え且つ風通しが悪い状態になってしまった・・・、等が問題になります。
病気を治療するのが薬剤という考え方には難があり、日頃の健康管理が何より求められます。

業界の悩み
ゴルフ業界は今、参加人口が減少し、ゴルフコース過多の状態になっています。
即ち、価格競争が激化し売上が下落しており、人員カットや予算カットが相次いでいることから、コース管理はかなりキツイ状況になっています。
これがラージパッチと何の関係が?と思われるのですが・・・・。
これが大いに関係あります。サッチが蓄積して病気になりやすいというのがヒントでありまして、コースインフラと呼ばれる排水不良個所の未施工で且つフェアウェイの更新作業や目砂が実施されていない、さらに風通しが悪くて芝が乾燥できないなどの健康的環境を維持できないことが病気を誘発してしまうからです。
追加するならば、キーパーの世代交代で従来の知識や技術の継承がスムーズにできていない、さらには薬剤散布の外注化により、キーパー自身が直接防除した経験がないなどの問題もあります。
このように、業界の悩みがいくつかありまして、それらがひいてはラージパッチを増え続けさせる原因ではないでしょうか。
猛威を振るうラージパッチ、一昔前なら見向きもされなかった病害が問題となっていることを知っていただきたいと思います。
posted by ミナミフジCC at 00:00| コース管理入門編

2017年07月08日

ゴルフで認知症予防

ゴルフは生涯スポーツ
最近読む雑誌記事に、「ゴルフは生涯スポーツ」であるという内容が出てきます。
生涯とは、生きている限りであり、歩けさえすれば続けられると考えます。
幸い乗用カート時代を迎え、このカートがクラブを持ちボール近くまでプレーヤーを運んでくれますので、便利な時代になったものです。
ゴルフコース経営は、今や高齢者を大切にしなければいけない時代に入りました。
おそらく、いつものゴルフ場でいつものメンバーでいつもの時間に散歩するような感じでお越しいただいていることでしょうか。
乗用車の運転についても自動化の流れがすぐそこまでやってきています、いつもの場所まで行ってくれと指示さえすれば、ロボットが運転することになるでしょう。
少々飛躍しすぎましたが、現実的な話としては今後距離の短いフラットなゴルフコースが好まれる時代を迎えると考えます。
もし長ければ、シニアティをレディースティ並みに前方に設置することになりかねないと思われます。
またアップダウンは少ない方が高齢者はプレーしやすいので、コース改造も出てくるのではないかと考えます。
この改造によって、何の変化もないゴルフコースが好まれるという結果が見えてきますが、高齢化社会すぐそばまでやってきました。
待ってはくれませんから。

mentally_active-702x336.jpg


認知症とゴルフ
認知症にはアルツハイマー型と脳血管性型とあるそうで、さらに遺伝的因子や糖尿病や高血圧・肥満などの生活習慣病も絡んでいる等の関係が指摘されています。
認知症の予防には運動が欠かせないという事で、運動する事で血圧が下がり且つ脂質代謝が良くなり、糖尿病予防や脳卒中の抑制につながると言われています。
つまり、ゴルフは歩くことでこの項目がクリアーできることになりますし、気分も爽快で楽しいという気分も加えると、生涯楽しめるスポーツということになります。
加えてゴルフはスコアーを計算する為(運動しながら計算すると)脳が活性化して認知機能が向上し、脳の委縮を抑制すると言われています。
これが本当ならば一石二鳥の話でありますが、私の知る限り高齢のゴルフプレーヤーは元気そのもので、会話が弾んで良く笑っています。
高齢者にとって生き生き健康生活を送れるためには、対人交流が大切と言われています。
即ち、一人で黙々と歩くよりも他人と話をしながら歩くゴルフプレーは、高齢者の気持ちを前向きにしてくれるようです。
またゴルフの効用として脳の活性化がありますが、プレーの際に距離、風向き、落とし場所、パットライン等を考えることに意味があるようで、また読み通りに決まると達成感があります。
目標があり向上心を持ち、練習を行い達成するという行為そのものが人生と同じ感覚ではないでしょうか。
またゴルフは一人でやるとつまらないのですが、2人以上でやると仲間から刺激を受けます。これが楽しいものかどうかは問題ではありますが、ゴルフをするにはどんな人と一緒でもプレーに支障が起きない対応能力が必要であります。
さて話は変わりますが、ゴルフコースはセッティング(芝の刈込方)によって難易度を変えられますし、ピンポジションによっても平均スコアーを変えることもできます。
この難易度を考慮し、難解なレイアウトを切り抜ける作戦が必要です。
この作戦(=イメージ)にそってプレーすることは悩(=心)に良い刺激が加わります。また作戦が上手くいくと、スコアーというご馳走が得られ、気分爽やかになります。
posted by ミナミフジCC at 00:00| コース管理入門編

2017年06月04日

6月4日 日曜

6月月例Aクラス開催 更新作業の都合上第2グリーン使用ご了承ください

DSC_0001.JPG
posted by ミナミフジCC at 09:25| 本日のグリーンコンディション

2017年06月02日

6月2日

第一グリーンは二回目の更新作業に入りましたので当面第二で行きます。今月の月例も第二グリーンの予定です。理事長杯が終わるまで更新作業が出来ませんでしたので、ご了承下さいませ。
0602.jpg
posted by ミナミフジCC at 08:09| お知らせ