2018年04月03日

ゴルフ場の樹木

ゴルフ場の樹木

(松枯れ病を考える)
マツノザイセンチュウという名前を聞いたことがありますか。
これが、日本の松の木を減らし続けている犯人なのであります。
松枯れ病の特徴は、ある日突然葉が赤く枯れはじめ、よく観察すると枯れるのは1本だけではなく周囲にも同じような枯れた松が発見されることです。
松枯れ病の原因であるマツノザイセンチュウ(毛細管に入って栄養を吸収する線虫)を減らす為には、これを媒介するマツノマダラカミキリ(昆虫)を捕殺しなければなりません。
このため定期的な殺虫剤の散布が必要とされていますが、これはなかなか困難な問題もあり、センチュウの活動を制約するアンプル剤(幹に差し込まれる)が併用されています。
しかし、いずれにしても予算的な限界があり、病害を抑えることは非常に難しいとされています。そこで、最終手段として多くのゴルフコースは枯れた松を速やかに伐採し蔓延を防いでおります。
日本の代表的な松でありますクロマツは松枯れ病にかかりやすいといわれ、かなり減少しました。
また若干抵抗力のあるといわれているアカマツやヒメコマツでも減少の一途をたどっています。
江戸時代の街道沿いに植えられた松林は、日本の風物となっていますが、残念なことにその姿はなくなってきています。
国内のゴルフコースで名門と呼ばれるコースは松林が多く、その容姿を競ってきましたが、今は松の保存をどうするか、あるいは松が枯れたならどのような木に代えていくのかを論争しています。
いずれにせよ、スギ(日本スギ)やヒノキが花粉症の原因となり悪者になってしまった今日、これらの木々が候補に上らなくなりました。

(松林に変わるものとは)
ゴルフ場の植栽では、高木(空間のハザード)でプレイの目標になりやすい木をコースの戦略的位置に植えます。
その種類として落葉樹を嫌う傾向があります。
落葉樹は秋になると多量の枯れ葉を落とし、その回収に管理者の作業が増えることが多い上、枯れ葉が芝に発育障害を与える場合もあります。
戦略上に関係ある高木には、シイやカシあるいはモミやツガなどを見かけますが、前者はブナ科の常緑樹であり落葉はしませんし、また人々は昔からシイの実を食べており、生活になじみのある木で、後者はマツ科の常緑針葉樹であり、特にモミはクリスマスツリーで使われていることからよく知られた存在であります。
針葉樹は△の形から、一方の広葉樹は〇形であることから、その美観と関係がありますが、それらを組み合わせた植栽がコースのデザインに影響します。
このように、松に変わる代替え木はいろいろな地域の気候風土に合わせて選択して植えられているものと思われます。
ところで、個人的に大好きな樹木にヒマラヤシーダがあります。
この木はスギの仲間ではなく、マツの仲間であり、今問題とされているスギ花粉の問題はありません。
ヒマラヤ山脈西部の標高1500m〜3000mの地域が原産とされ、世界を代表する美林としても称賛されており、且つヒンドゥー教の聖なる樹木として崇拝されています。
この木の精油は、防虫効果がありまたカビを防ぎ、さらに今流行りのアロマテラピーに利用されていることが特筆すべき内容です。
確かにこの木の近くを歩くと、独特の香りを感じます。

(香り高い木々)
ゴルフ場で喜ばれる香り高い木がいくつかあります。
北海道では春にライラックが紫色(白色)の花びらを咲かせ、その香りが強いことが特徴になっていますが、この木はモクセイ科で香水の原料にも使われています。
またオオシマザクラは名前の由来となっている伊豆大島が原産といわれ、その花の香りの高い事とその葉を塩漬けにして食することが日本では良く知られています。
この中にあってキンモクセイは常緑樹で生垣に使われ、10月中旬に強い芳香のある橙黄色の小さな花を密生させて咲く人気の木であります。
特に夜間は、その木の近くにいなくても香りが感じられるほどの強いもので、もしゴルフ場に植栽されたならば、コース全体が香しいものとなるでしょう。
同じくモクセイ科に属する植物にジャスミンがあります。
あのジャスミンティのジャスミンなのですが、香りを特徴づけるcis-ジャスモンはいまだ工業生産法が確立されていないため、自然の花から抽出した香料は非常に高価であります。
ジャスミンの香りは一般的にジャスモン酸メチルという物質で代用されているのですが、天然の花の香りとは多少異なるといわれています。
天然のジャスミンは、100m位の範囲から強く香ってきますので、人はその香りの正体が近くにあるに違いないと周囲を探すものです。
そのほか、ゴルフコース周辺の香り高い木々を紹介しますと、カリンは秋に黄色の実がつき甘い香りがしますし、クロモジは高級爪楊枝の材料として珍重され、葉や枝から独特の香りがします。
また月桂樹の葉は料理に欠かせないものでありますし、山椒もまた葉や実を料理のアクセントとして利用されています。こうした木々の特徴を織り込んでセッティングしたならば、プレイが楽しいものになるでしょう。
posted by ミナミフジCC at 09:49| コース管理入門編