2017年09月21日

PGの夏越しの作業を考える

先ほど、本グリーンと異なるPGの手厚い作業について触れましたが、さらに一歩踏み込んだ作業について触れます。
夏場であっても軽い肥料の散布は必要で、傷ついた芝の回復を向上するために欠かせない作業です。
この時注意が必要なのは、肥料の塩分濃度になりますが、窒素肥料は非常に低く施用することになります。
またこの濃度を調整するため、肥料散布後は散水するという方法をとることがあります。
さらに、施肥とほぼ同時に成長抑制剤を施用して、芝の色や密度を高め、芝の表面の質を高めることができますが、これらの技術はごく最近開発されたばかりで、ここ10年くらいの間に大きく変化したものであります。(まだまだ管理者仲間でも疑問の声が上がっていますが)
さて、この夏にムクタインによる穴あけ作業が一般的になりましたが、この穴あけ作業により空気の交換が向上し、ルートゾーンの酸素量が増え、根の動きが活発になります。
夏場の穴あけ作業は、良いことばかりではなく、乾燥害等かなりのリスクを負うものですので、温度や湿度や作業後の天候などを考慮しなければなりません。
さて、私の考える最も大切なグリーンの夏越しは、刈り高を上げることです。
しかし、プレーヤーは速いグリーンを好みますので相いれない部分になっています。
それでもグリーンの夏越しができなければ、営業は成立しないということになりますので、どんな方法にせよ応急処置を施すに越したことはありません。
また意外と思われるかもしれませんが、刈込機械の刃の切れ味が重要な意味を持っています。例えば切れ味の悪い刃は葉をちぎってしまうため、そこから病原菌が入りやすく、一方切れ味の良い刃はきれいな断面となり、病気にかかりにくいといわれています。
病気予防と刈込機械の刃の研磨が関連しているとは、なかなか理解に苦しみますが、管理者はこれをポイントとしています。
ところで最近は、洋芝が日焼けに弱いということが解ってきました、つまり人間と同じようにUVカット剤を散布することが夏場有効な方法ということになります。
ひと昔前では、考えにくい方法論ですが、今年はこのUVカット剤を散布してみましたが、
結果は良好であり、効果があることを検証できました。
posted by ミナミフジCC at 08:27| コース管理入門編